Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Rod Taylor "Rod Taylor"(1971) semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 07日

a0035172_11313934.jpg洋盤CDをウン百枚ほど所有しているが、何故こんなアルバムを持っているのかいまいち自分でも思い出せないものも中には存在する。ロッド・テイラーのデビュー作にして唯一のアルバムである"Rod Taylor"(1971)もそんなアルバムのひとつである。大体、僕はこのロッド・テイラーという人物をよく知らないw
しかし、このアルバム、改めて聴いてみるとそんなに悪くない。
いわゆるシンガーソングライター系かと思いきや、結構ボーカルが艶っぽくって、ファンキーである。メロディラインがわりと馴染みやすく、バラードなども情感があってじっくり聴かせる。
この人、かなりの鳴り物入りでメジャーデビューした大型新人だから、アルバム自体はちゃんと作っているわけだ。有名どころでは、ジェシ・デイビスがスライドギターで参加している。
その後、何かいけなかったのか、鳴かずとばずらしいけど、そんな人のたった一つのアルバムでもこうして世界の何処かで絶賛(?)してくれる人がいるというのは彼にとってもちょっとは幸せなことだよな。<このアルバムが日本の復刻盤というのがまた泣かせますね。但しもう廃盤みたいだ。。。>
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-07 11:33 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1280462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター