Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 The Who "Quadrophenia"『四重人格』(1973)  semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 25日

a0035172_3261164.jpgThe Whoは、The Beatles、The Rolling Stonesに並ぶ3大ロックバンドのひとつであり、また世界一のライブバンドとも称される実力派バンドである。にもかかわらず、他の二つのバンドに比べ、日本での知名度はめちゃめちゃ低い。ビートスタイルロックのリーディングバンドとして、演奏力、構成力、ライブパフォーマンスのカッコよさは群を抜いており、ロジャー・ダルトリーだけ見ればルックスも悪くない。キースやピートにしても一種独特のカリスマ性を漂わせている。なのにこの人気の無さは何故だろう? これは日本におけるロックの七不思議のひとつである、と言いたいところだが、やっぱり比べる相手が悪かったとしか言いようがないか。。。僕が思うにThe Whoというバンドは、「ザ・ロックバンド」と言っても過言ではないくらいロックの関わる要素に対してパーフェクトなバンドスタイルを持っているし、ロックを哲学として体現し、そのロックというオリジナリティをとことん突き詰めた末にロックオペラに至る彼らの方法論にはとても納得させられるのだ。
とにかく手数の多さに圧倒されるキースのドラミング、早弾きソロが最高に素晴らしいジョンのベース、ブンブン奏法がカッコいいピートのギター、そしてマイクスタンドぶん廻しのロジャーのボーカル。もちろんリーダーであるピートの音楽性を含めて、どれを取っても「素晴らしきロックの世界」なのである。
そんなThe Whoの代表作といえば、世界初のロックオペラであり、壮大なスケールを誇る"Tommy"(1969)、壮絶なるライブパフォーマンスをみせる"Live at Leeds"(1970)、最強のスタジオアルバムであり、演奏的、楽曲的にも文句なしの"Who's Next"(1971)ということになるだろうか。どれもこれも素晴らしいアルバムたちだ。
しかし、ここで1枚選択するとなると、僕はやっぱり"Quadrophenia"(1973)を選ばずにはいられない。それは何故か。確かに"Tommy"(1969)や"Who's Next"(1971)に何の文句もないし、どちらをとってもロック名盤中の名盤と呼ぶに相応しい大傑作である。それぞれにThe Whoの違った色合いを楽しむことができる。しかし、だからこそ、どれか1枚となれば、"Who's Next"(1971)を経た後のロックオペラ集大成、ある意味でThe Whoの真骨頂たる作品"Quadrophenia"(1973)を選ばずにはいられないのだ。人によっては中途半端な印象を受けるのか、このアルバムの人気は必ずしも高くない。楽曲的な魅力のなさを理由にあげる人もいるだろう。しかし、アルバムの構成、演奏、そして幻視されるパフォーマンス、ここにはThe Whoのこれまでの道程のすべてが、言い換えればロックのすべてが詰まっているんじゃないだろうか。このThe Whoの渾身の一作を聴かずして、ロックを語ることはできないのだ。
ちなみに僕は何故かサントラ盤の"Quadrophenia"(1979)を所有している。これは青春映画の傑作、モッズ映画の定番「さらば青春の光」(原題はもちろん"Quadrophenia")のサントラである。というか、ロックオペラ"Quadrophenia"(1973)をモチーフにしてThe Whoがプロデュースしたのが映画作品’Quadrophenia’なのだ。すべてがロックという文化に繋がる、それこそがThe Who又はピート・タウンゼントの行き方なのである。ただ、、、キースはそんなピートの哲学的ロック道についていけなかったのか、ハチャメチャな生き方を貫いたまま78年に急逝してしまう。これもある意味でロック的なのかもしれないが。

-------------------
The Who "A Quick One"(1966)のレビューはこちら!
The Who "Live at Leeds"(1970)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-25 03:30 | 70年代ロック | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1222827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by teacherteacher at 2004-10-30 23:17
「四重人格」は、いいなー。
この後のWhoのCDは、あまり聴きませんが(元気が無いKeith先生はツライ)
このCDで、気に入ってるのは、「ぼくは1人」と、「ベルボーイ」。

「さらば青春の光」のDVDを観たら・・いきなり「The Real Me」!
この曲って、ドラムもドカドカと凄いけれど、ジョンのベースラインもカッコ良すぎ!
ロイヤルアルバートホールのDVDの「5:15」のベースソロも 目が点でした!





Commented by onomichi1969 at 2004-10-31 00:20
どーも、コメントの連続攻撃(?)有難うございます。
本当は、前に書いたように'Tommy'を中心としたレビューにしようと思ったんだけど、なんとなくその時の気分で'Quadrophenia'になってしまいました。でも'The Real Me'も'5:15'もハード&ドラマティックな展開がたまりませんね。カッコいいです。
実は、'Who's next'が一番好きだったりもするんだけど、、、まぁ要は何でもよかったってことかな^^; とにかく、どれも素晴らしすぎますよ。
teacherteacherさんは本当にKeith先生が好きなのですね。
Commented by teacherteacher at 2004-11-01 23:18
先日は初コメントありがとうございました。 バカ文ばかりで恥ずかしい日記ですが・・

「Who's next」も好きです。特に「The Song Is Over」のドラム。
バラードっぽい静かな曲なのに、ドカドカ叩きまくり、でも決まっちゃう。
Keith先生のドラムだったら「クイックワン」の全部の曲がいいなー。

・Keith先生に関しては、完全なミーハーです。私。(バカ越えてるなw

    
アクセスカウンター