Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Robert Palmer "Sneakin' Sally Through the Alley"(1974) semスキン用のアイコン02

  

2004年 09月 25日

a0035172_1362847.jpg「Sneakin' Sally Through the Alley」(1974)は、Robert Palmerのデビューアルバムにして最高傑作である。僕はこのアルバムを高校生の頃にカセットでよく聴いていたが、つい最近までCDを手に入れられずにいた。しかし、今ではAmazon等で簡単にCDを購入できる。こういう傑作が時代に埋もれずに簡単に検索できるようになったのは実に喜ばしいことだ。但し、これは彼が昨年死去したことによるものであろうか? その辺りはよく分からない。
とにかく、改めて言うが、このアルバムは素晴らしい
Lowell Georgeとのコラボレーションによるブルーアイド、ニューオーリアンズサウンド。まず1曲目のSailin' Shoesは、Little Feet版よりもやはりこちらがいい。躍動感と情感溢れるボーカルがテンポのよいサウンドに映える。さらには彼独特の都会的センスが軽快で心地よい。
そして、Hey Julia, Sneakin' Sally Through the Alley, Get Outside, BlackmailとAサイドはいわゆるスワンプロックのオンパレードで、すべてはこのノリで押し切っている。僕にとって、彼のこのノリの「押し切り」はかなり新鮮なものであった。それはLittle Feetや初期のBoz Scaggsとも違い、ある意味でバラエティに富んでいないが故のシンプルな潔さを感じる。
このアルバムのAサイドはトータルで1曲のような潔い統一感があり、それが魅惑的なのである。<そうは言っても、いまやAサイドやBサイドという概念自体が無意味なのであるが。>
まぁ、とにかく僕にとってはRobert Palmerと言えば、これ。「Sneakin' Sally Through the Alley」なのだ。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-09-25 13:04 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1081162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 如月わかめ at 2004-11-04 22:39
タイトル : 嗜好の変遷
今日は久々にSailin' Shoes/Little Feat 聴きながらです。 私の場合、10代の頃はポップスからロックから始まって、20歳前後にソウル系、フュージョン、ジャズと興味が広がってきたんですね。 今でもロック聴くけど趣味が変わってきてる部分があるんです。 10代の頃は「おら〜行くぞ〜!」っていう感じの体育系の音、Deep Purple, EL&PなんかもOKだったのに今はちょっと疲れるか。 反対に、今は大好きなアメリカンルーツっぽい音、例えばDr.John, Little F...... more
アクセスカウンター