Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 暴走機関車 "Runaway Train" semスキン用のアイコン02

  

2010年 05月 03日

a0035172_23583463.jpgある種の切迫感が全編に漂う。それはロマンティックな感傷をそこはかとなく伴ったものでもある。

演出にはこれといって特徴的なところもなく、凡庸といっていいのかもしれない。しかし、僕はこの作品に昨今の災害系アクション映画にはない切実な意志を感じた。それは人間のミライを見据えて駆動する意志であり、投企である。

暴走機関車が雪原を爆走するラストは、とても絶望的に映る。しかし、この作品に通底するヒューマンな意志を感じる限り、それは同時にこの世界に微かに光るポジティブな一本の道筋を指し示しているように思える。そのアナクロな暴走劇は彼らなりのミライに向けた真っ当な賭けのように思える。僕にはそう思えた。だから僕はこの映画が好きなのだ。1985年アメリカ・イスラエル映画(2004-02-09)
[PR]

by onomichi1969 | 2010-05-03 23:59 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/10543188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター