Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 キャスト・アウェイ "Cast Away" semスキン用のアイコン02

  

2010年 05月 02日

a0035172_1944948.jpg現代版ロビンソン・クルーソー物語。バレーボールを相手に延々と一人芝居を繰り広げるトム・ハンクス。最高である。彼の演技だけでも全く飽きずに観られる。
この物語、それで終わりかと思いきや、帰国後の彼とヘレン・ハントの切ない恋物語も良かった。遭難前の恋人。彼女には既に新しい家庭があった。そして、最後のシーン、新しい出会いの始まり。
主人公にひたすら感情移入しながらも、その展開は予想通りの予定調和に落ち着いていく。が、にもかかわらず、じっくりと観させるだけの映画としての真摯さを僕は感じた。そして、やっぱりトムハンクス。彼の存在感は素晴らしい。ヘレン・ハントも可愛らしいね。何はともあれ、とても素直に楽しめた作品である。2000年アメリカ映画(2005-01-23)
[PR]

by onomichi1969 | 2010-05-02 19:05 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/10535081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター